育児

抱っこ紐の収納場所は家のどこが良い?たたみ方と収納カバーで快適♪

抱っこ紐を使用しているママ達は家での収納場所はどこに置いていますか?

意外とかさばる抱っこ紐は収納場所にもたたみ方にも困ってしまいませんか?

さて今回はそんな抱っこ紐の快適なたたみ方と収納カバーをご紹介!

またおすすめの収納場所も考えてみたので是非、参考までにどうぞ。

抱っこ紐をコンパクトにたたむ方法

抱っこも、メーカーによってはおんぶも可能な抱っこ紐は新生児の小さな頃から少し重たくなった頃でも軽々抱っこやおんぶが出来るのがとっても魅力的ですよね。

そんな便利な抱っこ紐の難点と言えば使わない時はかさばる!!ではないでしょうか。

ここからは抱っこ紐のコンパクトなたたみ方とわかりやすく動画もご紹介します♪

 

【抱っこ紐のたたみ方】

今回は抱っこ紐メーカーで人気No.1ブランド、エルゴでご紹介します!

まずエルゴの内側を向けて大きく開きます。

この時、床やテーブルの上など平面な場所に広げると綺麗にたためますよ♪

腰ベルト部分を内側に折り返し肩ベルトも内側へ向けて折りたたみます。

その後くるくるっと回しながら折り曲げ頭カバーを折り頭カバーのスナップと肩ベルトのスナップを留めます。

最後に腰ベルトのバックルを留めるとコンパクトに折りたたむことが出来ました♪

 

文章だけではなかなか分かりづらいと思うので、分かりやすい折りたたみ方を動画のリンクから飛べますので是非ご覧下さい。

 

https://youtu.be/LvrRiwetYUU

 

https://youtu.be/p-u6cr6tmGA

 

https://youtu.be/uTH4mQ8CJi0

抱っこ紐の2本目は必要か?2個目にはクロスタイプがおすすめな理由抱っこ紐を持って使用しているママの中で、2本目の抱っこ紐の購入を考えているママはいませんか? 今回はそんな抱っこ紐の2本目購入に迷...

 抱っこ紐のおすすめ収納カバー

 抱っこ紐をコンパクトにたたんだ後は収納カバーに収納してみましょう。

収納カバーに入れる事で持ち運びも簡単な他、ホコリや汚れから抱っこ紐を守ってくれるので衛生的に収納しておく事もできます。

おすすめの商品のリンクを貼っておくので是非ご覧下さい♪

・ファムベリー 抱っこ紐収納カバー

 

カラーバリエーションやデザインもとっても豊富なアイテム。

 

・マンジュカ アップリカコラン

価格 4,820円

https://item.rakuten.co.jp/minimi-handmade/10000167/

 

こちらは抱っこ紐収納カバーと、おそろいデザインのよだれパッドが付いたお得な2点セット。

とても気持ちの良い手触りとオシャレなデザインがママ達から絶大な人気を受けているアイテムです。

よだれパッドは綿100%を使用しているのでデリケートなお子さんの肌にも心地よく、洗濯してもすぐ乾くのでママにも大助かりなアイテムです♪

抱っこ紐は何ヶ月から何歳まで使える?購入タイミングいつがおすすめ?妊娠期間も臨月に近付くにつれ、ベビー服やベビー用品などの購入と着々と出産に向けて準備をしていきますよね。 その中で抱っこ紐の購入に...

抱っこ紐の収納場所は家のどこ?

自宅での抱っこ紐の収納場所はどうしていますか?

お子さんとのお出掛けにあるととても便利な抱っこ紐は使いたい時にさっと取り出せる様にしておきたいと思っているママやパパも多いのではないでしょうか?

 

ここからはおすすめの収納場所をご紹介します!

カゴにいれる

頻繁、もしくはほぼ毎日抱っこ紐を使うママにとって毎回たたんで片付けるのはとても大変。

いつでもさっと使える様にカゴに入れている方が1番多いのではないでしょうか。

100円ショップで購入したカゴや洗濯カゴに入れるのもいいですがおすすめはオシャレなバスケットやワイヤーカゴに収納してインテリアの一つとして楽しむのも素敵ですよ。

玄関に収納する

玄関付近の収納スペースや玄関フックにかけて出掛ける時はさっと持ち出せ、帰ってきたらさっと収納出来るので玄関先に置いておくのはとても便利です。

またポールハンガーなどに掛けておくのもおすすめ。

お子さんのお出かけリュックやママのマザーズバッグも一緒な場所に収納しておく事が可能です。

ベビーベッドの下や子供部屋に収納しておく

普段あまり抱っこ紐を使わないママにはいざ使いたい時だけ取り出せればOK!

どこに収納したか忘れない様にベビーベッドの下のスペースや子供部屋があるのであれば子供部屋など忘れない場所に収納しておきましょう。

ハンガーに吊るす

腰周り部分のバックルを閉め、肩紐をハンガーに両方かけ服のように収納すると場所を取らずにとても便利。

またハンガーに吊るしておく事で抱っこ紐をわざわざたたむ必要もなく、型崩れしにくいのでおすすめですよ。

専用の棚を購入する、またはDIYで作る

抱っこ紐だけでなくお子さんのオムツやおしりふき、タオルや保湿クリームなど日常生活に必要、かつ頻繁に使うアイテムはお子さん専用の棚を用意して抱っこ紐も一緒に収納するのがおすすめ!

日曜日大工が得意なママやパパはDIYで棚を作ってみるのも素敵ですね。

お子さんが大きくなったら棚部分にフックを付けて制服やランドセルを引っ掛けておいたり

おもちゃを収納してみたりと抱っこ紐を使わなくなった後でも棚は様々な使い道がありおすすめですよ。

 

【番外編】

私の地域では車移動がほとんどなので抱っこ紐はあまり使いませんがテーマパークやスーパーにお出かけに行った際だけ使用できる様、抱っこ紐は車内に収納してあります。

車の後部座席に子供のオムツやお着替えセットと共に抱っこ紐も置いてあるので

出先で使用する場合はさっと取り出せてとても便利ですよ。

またベビーカーで移動する際にもベビーカーに付いている下のカゴ部分に抱っこ紐を忍ばせておけば

お子さんがベビーカーで泣き出してしまった場合でもすぐに使用する事が出来るのでおすすめです!

抱っこ紐の収納場所は家のどこが良い?たたみ方と収納カバーで快適♪まとめ

収納場所を決めておけば使いたい時にさっと取り出せて使用する事が出来るのでとても便利ですよね♪

また収納カバーを付けておけばコンパクトに収納できる他、ホコリや汚れから抱っこ紐を守る事も出来ます。

大切なお子さんを包む抱っこ紐ですから、いつでも衛生的に収納しておきたいですね。

抱っこ紐のたたみ方と持ち運び方!荷物として長時間持ち歩く方法子育てママさんの中で抱っこ紐を使用している方はどのくらいいるのでしょうか? 使用する事で両手が空き一見便利に見える抱っこ紐も畳みに...