育児

抱っこ紐の2本目は必要か?2個目にはクロスタイプがおすすめな理由

抱っこ紐を持って使用しているママの中で、2本目の抱っこ紐の購入を考えているママはいませんか?

今回はそんな抱っこ紐の2本目購入に迷っているママさん必見!抱っこ紐の2本目は必要?また2本目にクロスタイプ購入をおすすめする理由をご紹介します!

抱っこ紐の2本目は必要か?メリットとは

抱っこ紐は生まれたばかりの新生児から少し大きくなった頃でも使用でき、人混みや狭い道でベビーカーが通れない時やお子さんがぐずってしまった時に常に抱っこやおんぶが出来る優れ物ですよね。

抱っこ紐を使う事で抱っこ中も両手が空くので日々の家事やお買い物に大忙しなママにはとっても大助かりなアイテムの1つ♪

そんな便利な抱っこ紐、1つあればじゅうぶん?いやいや、2本目があってもとっても便利なメリットもあるんです!その理由をご説明しますね。

抱っこ紐を家用と外用で使い分け出来る

例えば家の中でも常に抱っこ紐を使うママにとっては家用と外出用で使い分けるととても便利です。

1本目は車内やベビーカーに、2本目は自宅用にと分けておく事で外出先で抱っこ紐を家に忘れてしまった時でも対応出来ます。

抱っこ紐の洗い替えができる

日々使う抱っこ紐、そして大切なお子さんを包む抱っこ紐はいくらよだれカバーや汗取りパットを付けていても抱っこ紐自体をお洗濯したいですよね。

また抱っこ紐使用中におこさんのオムツ漏れや汚れてしまった場合は抱っこ紐は生地もとても厚くしっかり作られているのでお洗濯してもなかなか乾きません。

 

天気が良ければすぐに乾く抱っこ紐もお天気が悪い日が続くと乾くまで使用する事が出来ないので日々抱っこ紐を使用するママにとって洗い替え用の抱っこ紐をもう1つ持っておくと便利ですよ♪

抱っこ紐を用途によって使い分けできる

例えば抱っこ紐と一括りに行ってもおんぶは対応不可の抱っこ紐もあります。

購入してみたけど抱っこを嫌がる、おんぶの方がいいのかも…?と思った時にはおんぶ対応の抱っこ紐を購入するのをおすすめします。

また家の中では通常の抱っこ紐、長時間外出する時はママの肩や腰の負担が軽減される抱っこ紐もあるので使い分けるのもおすすめ♪

抱っこ紐をその日の気分で変えられる

その日のママのコーデに合わせて抱っこ紐を黒にしたり、ネイビーにしたり、グレーにしたりと変えてみるのも良いですよ。

ママになってもオシャレがしたい!抱っこ紐も含め素敵なファッションの1つとして色違いで購入してみるのも素敵ですね♪

抱っこ紐のたたみ方と持ち運び方!荷物として長時間持ち歩く方法子育てママさんの中で抱っこ紐を使用している方はどのくらいいるのでしょうか? 使用する事で両手が空き一見便利に見える抱っこ紐も畳みに...

抱っこ紐の2本目の選ぶ基準

 抱っこ紐の2本目の購入を決めた際に選ぶ基準にしておくと良いポイントは2つ。

1つ目は1本目の抱っこ紐の弱点が改善された抱っこ紐を購入する事

2つ目は1本目の抱っこ紐と違うメーカー、機能性、デザイン、カラーを選ぶ事がポイントとなってきます。

いやいや、今持っている抱っこ紐と全く同じ物を購入したい!と考えているママさんには重要なポイントではないですが、1本目と違う抱っこ紐を検討中のママさんにとってはこの2つは2本目を選ぶ基準になってきます。

例えば1本目を購入した後にネットサーフィンなどでこっちの抱っこ紐にすればよかったかな…と後悔した、使ってみたけど装着しずらい、腰や肩に負担がかかる、抱っこ紐の居心地が悪いのか?子供がとても抱っこ紐を嫌がる…なんて経験はありませんか?

同じお子さんでも成長スピードはバラバラなのでサイズの合っていない抱っこ紐を使用するのはお子さんにとってとても不快な思いをしてしまうので買い換える、または2本目の購入が必要になってきます。

また使いずらかったり、腰や肩に負担がかかる、汚れが目立つなど購入して、実際に日常生活で使用してみてから購入した抱っこ紐の弱点に気付く事もあります。

そんな時は一度持っている抱っこ紐の弱点をチェックして、弱点が改善された抱っこ紐を探してみましょう。

各メーカーから常に新しい機能性やデザインに優れた抱っこ紐が日々発売されているので必ずママが求めている抱っこ紐に出会えますよ。

抱っこ紐は何ヶ月から何歳まで使える?購入タイミングいつがおすすめ?妊娠期間も臨月に近付くにつれ、ベビー服やベビー用品などの購入と着々と出産に向けて準備をしていきますよね。 その中で抱っこ紐の購入に...

抱っこ紐の2本目にはクロスタイプが簡単装着できておすすめ


一般的な抱っこ紐といえばエルゴの様なこのタイプの形の抱っこ紐を使用しているママさんは多くいるのではないでしょうか?

参考URL

https://item.rakuten.co.jp/baby-alice/cregbcapeablk/

 

このタイプの抱っこ紐は腰ベルトのバックルを閉めた後、両肩に肩ベルトをかけることでお子さんとママが密着でき、お子さんもとても安心します。

また頭カバーが付いているのでお子さんが眠った後や日差しが強い日にもさっとお子さんの視界や頭をカバーする事が出来ることから絶大な人気の抱っこ紐。

しかしエルゴの難点は2つ。1つ目はしっかりしている分かさばってしまう事、そして2つ目は腰ベルトや肩ベルトなど装着が大変ということです。

しかし抱っこ紐にクロスタイプがあるのはご存知ですか?

クロスタイプとはこういったママの背中部分に当たる部分の紐がクロスになっているタイプの抱っこ紐の事を指します

参考URL

https://item.rakuten.co.jp/petitbelly/xsss/

 

クロスタイプのメリットは大きく分けて3つ。

1つ目は1万円以下で購入出来ることから家計にもとっても優しく、2本目用の抱っこ紐としてぴったりであること、2つ目は複雑な構造なベルトがないため装着が簡単ですある事、そして3つ目はなんといっても軽量でとってもコンパクト!かさばらず持ち歩く事や専用ポーチを用意しなくても持っているカバンに収納しておく事が可能なことです。

また、デメリットは新生児用のインサートが付いていない物が多いので、使用出来るのは首がしっかりと座った頃であること、ベルトが付いていないのでサイズの細かい調整が難しくきちんと体格に合っていない物を選ぶと肩や腰に負担がかかってしまう事です。

ベビーや子供用品店などで実際に装着させてもらえる所もあるので実際に何度か装着して慎重に決めてみるのをおすすめしますよ。

抱っこ紐の2本目は必要か?2個目にはクロスタイプがおすすめな理由まとめ

 洗い替え用も良し、使い分けるも良し、また1本目よりもデザインや機能性により優れた抱っこ紐にするも良し、2個目の抱っこ紐購入はおすすめします。

またその際には、クロスタイプも候補の中に入れてみてはいかがでしょうか…♪

抱っこ紐の収納場所は家のどこが良い?たたみ方と収納カバーで快適♪抱っこ紐を使用しているママ達は家での収納場所はどこに置いていますか? 意外とかさばる抱っこ紐は収納場所にもたたみ方にも困ってしまい...