生活

結婚式の断り方!ラインやメールで友達に欠席の返信する理由や内容

人生の大きなイベントのひとつ、結婚式。

そんな結婚式に呼ばれる事はとても嬉しいですが時に困った事はないですか?

仕事の都合や、小さなお子さんを持つ方にはなかなか出席の返事をするのは難しいものです。

また断るとなると失礼なのではないか?何と断るのが正しいのか?と悩み所でもあります。

さて、今回はそんな結婚式や披露宴、二次会の欠席の失礼のない断り方をご紹介します!

結婚式や披露宴、2次会の欠席を友達に返事する時の理由

例えば結婚式に誘われたからと言っても、なぜ私が声をかけられたのだろう?と疑問に思った事はないですか。

知り合い程度の知人や、そんなに仲良くない友人、関わりがほとんどなかった先輩や後輩などから結婚式の出席の声を掛けられたことはないでしょうか?

また、金銭的な余裕や小さな子供がいる方、仕事柄なかなか休みが取れない方など結婚式に参加出来ない理由は様々です。

そんな時の欠席の理由をご参考までにご紹介します。

 

まず最初に結婚式に必ず出席しなければならないという決まりはないので心のどこかで少しでも出席したくないな…と思う場合は欠席した方がいいです。

心から新郎新婦を祝福出来ないのであれば、欠席しても問題ありません。

また結婚式と披露宴には出席出来るけど二次会は欠席したい

二次会には出席出来るけど結婚式や披露宴には欠席したいなんて場合は出席した場所で心から新郎新婦を祝福しましょう。

 

さて、欠席する場合の理由の注意点としてマイナスな理由は避けましょう。

身内の不幸や金銭的の余裕が無いなど結婚というおめでたい時にそんな理由は失礼にあたります。

欠席を伝えるポイントは2つで1つは嘘を付かずに「どうしてもその日やむを得ない事情がある」と伝える事。

もう1つはマイナスな印象を与えない程度に正直な理由を言うことです。

例えば仕事が忙しくどうしてもその日は休めない、子供を預けられる人がいない、その日はやむを得ない用事があるなどきちんと事情を話す事です。

また仕事の断りの場合は多忙や、休みが取れない等の細かな理由はマイナスな印象になるので仕事の都合で…等と濁す方が良いでしょう。

断りの際には申し訳ないという気持ちを伝えたり、また話を聞かせてほしい、写真を見せてね!など祝福したい気持ちはあるという事を伝えておくと相手も気分が悪くならず、誠意も伝わりますよ。

せっかくお誘いを頂いたのですから適当に返事するのではなく、最低限出席出来なくて申し訳ないという気持ちがある事が大前提です。

結婚式の断り方のLineやメールの例文まとめ

まず結婚式や披露宴に招待された場合は招待状が届きます。

出席・欠席どちらの場合も届いた地点で期日よりもなるべく早くに返信するのがマナーです。

その際に欠席の方に〇を付け返信します。

またカジュアルな結婚式や二次会の場では電話やラインで招待される事もありますよね。

電話の際は先程言った2つのポイントを守り欠席を伝えましょう。

ラインで返信する場合は以下の例文を参考にしてみてくださいね。

【子供が小さく出席出来ない場合①】

〇〇さん、〇〇ちゃん(新郎新婦の名前)このたびはご結婚おめでとうございます。

○○(新婦)ちゃんの結婚式をとても楽しみにしていたのですが、子供がまだ小さく、当日の預け先もないので残念ながら欠席させて頂きます。

お二人のお幸せをお祈りします。

 

【子供が小さく出席出来ない場合②】

ご結婚おめでとうございます。

当日は子供を預けることが難しいため、せっかくのお招きですが残念ながら欠席させていただきます。

おふたりのお幸せを心よりお祈り申し上げます。

後日話や写真を見せてほしいな。ふたりの幸せを願っています。

 

【やむを得ない用事で出席出来ない場合】

ご結婚おめでとうございます。

せっかくお招きですがやむを得ない事情のため残念ながら欠席させて頂きます。

お二人のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

 

【仕事や金銭的な理由で出席出来ない場合】

結婚おめでとうございます。

せっかくお招きいただいたのですが当日はどうしても都合がつかず出席が出来ません。

またあらためてお祝いさせてください。

結婚式を欠席する場合は友達にご祝儀や電報はなし?

 まず大前提のマナーとして一度出席すると返事をしたのに後日断る…という場合は出席した際の御祝儀を包むのがマナーです。

しかし最初から欠席の場合は御祝儀を包む必要はありません。

しかしやむを得ず欠席した場合や出席したかったのに出来なかった…という方は相場の3分の1の御祝儀を渡すケースがほとんどです。

手渡しの場合は祝福の気持ちと共に、遠方の方は現金書留で送る事が可能です。

また親しい友人であれば後日お祝いの品を贈ったり、新郎新婦と食事へ誘う等、様々な形で祝福の気持ちを伝える方も多いですよ。

二次会を欠席した場合は、二次会は会費制であるケースがほとんどなので現金を包む必要はありません。

この場合ささやかな気持ち程度でプレゼントを贈るのが最適です。

また電報も欠席したから必ず…といったマナーはないので自由です。

 

結婚式の断り方!ラインやメールで友達に欠席の返信する理由や内容まとめ

 

どうしてもやむを得ない用事がある場合や出席したくない場合は最低限相手に失礼の無い様にマナーを守って断るようにしましょう。

また当日ギリギリの返事は相手をとても不快な気持ちにさせてしまうので招待が来たらなるべく早く返事しましょうね。