育児

赤ちゃんの温泉デビューは何ヶ月から?入れ方のコツやマナーを紹介

赤ちゃんを連れて温泉旅行へ行きたいと考えている方も多いですよね。

しかし赤ちゃんを連れて温泉に行くのはいつ頃から大丈夫なのでしょうか?

また、泉質や成分など安全面が気になりますよね。

さて今回は赤ちゃんを温泉に連れていく時に知っておきたい知識やマナーなどご紹介します!

赤ちゃんの温泉デビューはいつから大丈夫?

 

赤ちゃんとの初めての温泉旅行、不安はあっても楽しみな気持ちの方がとても大きいですよね!

またママも日頃の疲れを温泉でゆっくり癒されたい事でしょう。

ですが赤ちゃんを温泉に連れていくとなると気になる点もいくつかありますよね。

いつ頃から温泉に入っても良いのか?温泉の泉質や成分等は赤ちゃんには安全なのか?そんな疑問について調べてみたのでご覧ください。

まず温泉デビューの明確な時期や、医学的な決まりも特にありません。

しかし生後1ヶ月未満の新生児期の赤ちゃんはまだ自分の力で体温調節が出来ない上、感染などの免疫もとても弱いので温泉も、家庭で湯船に浸かるのもおすすめ出来ません。

新生児期のお風呂は沐浴程度で済ます、またやむを得ない場合以外は生後1ヶ月の検診を終えるまでは外出を避ける方が良いでしょう。

また生後1ヶ月を過ぎてもへその緒が取れていない、または膿んでいたり赤く腫れていたり、かかりつけの医師から入浴を禁止されている場合は感染の恐れがあるので温泉はNG。完全にへその緒が取れ、乾いている事が重要なポイントです。

また生後1ヶ月以降~温泉デビューをする方は多くいますが、まだ首も腰も座らない赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのは大変ですよね。

なので温泉デビューは首や腰が座り始める生後6ヶ月以降がおすすめの温泉デビュー時期!

首が座る事が出来れば貸し出しのお風呂用の椅子に座らせている間にママが頭や体を洗う事が出来るのでママへの負担も軽減され、ゆっくり温泉を楽しむ事ができますよね。

温泉の泉質や成分について不安なママは多いと思いますが、まず第一に気を付けなければいけないのは温泉の温度です。

大人と違って皮膚が薄い赤ちゃんは温度が高すぎたり、長い時間浸かりすぎるとすぐにのぼせてしまいます。

脱水症状が起こる可能性もあるので長時間の入浴は避けたり、適度に休ませ水分補給を行ったり常に赤ちゃんの様子を見ておきましょう

また泉質については大人が入って刺激を感じる泉質や塩素が強すぎる場合であれば赤ちゃんはあまり入浴させない方が良いでしょう

特に強酸性や強アルカリ性は避けましょう

また肌が弱い赤ちゃん(敏感肌や乾燥肌)の場合は、特に赤ちゃんの様子に気を付けながら入浴し、万が一湿疹などが起きた際はすぐに対応出来る様にしておきましょう

赤ちゃんとの旅行にベビーカーや抱っこ紐はいる?あると便利な持ち物とは赤ちゃんとの初めての旅行でベビーカーや抱っこ紐を持っていくか、行かないか悩む方も多いでしょう。 特にベビーカーは大きいので場所を取...

赤ちゃんの温泉の入れ方とマナー

また、乳児を連れての温泉は周りの人に迷惑がかからないかと色々と心配がありますよね。

まず温泉旅行に行くにあたって知っておきたい事は温泉施設の中には〇歳未満の入浴は禁止、おむつが取れていない乳幼児の入浴禁止などがあるという事です。

温泉施設によってルールが違うので温泉に行く前や予約の際に〇ヶ月、〇歳の乳幼児の温泉利用は可能であるか事前に確認しておく事がポイントです

赤ちゃん可能の温泉施設で気を付ける事は主に“周りの方で迷惑がかからないか”が重要なポイントです。

これは乳児だけではなく子供や大人であっても公共の場で他の人に迷惑をかけないようにするのは当然マナーです。

では、赤ちゃんの場合の最低限のマナーは何でしょう。

最低限押さえておきたいマナーは2つあります。

一つ目は衛生的配慮です。

例えばいくら赤ちゃんがOKといった温泉施設でも体を洗わずに湯船に浸かっていると他の人は少なからず嫌な気持ちになりますよね。

これは赤ちゃんだけではなく大人でもある程度体の汚れを落としてから入浴するというのは最低限のマナーです。

そして二つ目は、万が一赤ちゃんが泣いてしまったりぐずってしまった場合にいったん外に出たり泣き止むまで落ち着かせるという対処法を取る事です。

泣いてしまう赤ちゃんが悪いわけではありません。

初めての場所、初めての大きなお風呂、初めて見る知らない人や環境に戸惑ってしまうのは当然の事です。

ですが中には心ない事を言ってきたり、嫌な目で見てくる人はいます。

ママや赤ちゃんが嫌な思いをしない為にも、少しでも赤ちゃんの様子が気になるようでしたら、一旦入浴するのを保留にしましょう。

温泉の醍醐味と言えば大きな大浴場ですが、周りの目が気になったりママがよりゆっくり癒される為にも露天風呂付き客室や大浴場の貸し切り予約も考えてみてはいかがでしょうか。

貸し切りであれば他の人の目も気にすることなく赤ちゃんと一緒にゆっくり過ごすことが出来ます。

また露天風呂付き客室であれば、赤ちゃんが寝たあとにもう一度ゆっくり入る事も可能ですし、移動する手間もかからないので、オススメですよ。

赤ちゃんとの旅行中の宿泊ホテルで夜泣きしても大丈夫?対処法は?赤ちゃんを連れて旅行に行く際に夜泣きは大丈夫かな?と心配になるお母さんも少なくはないでしょう。もしも旅行先の旅館やホテルで赤ちゃんが夜泣きしてしまった場合、どう対処すれば良いのでしょう?また夜泣き対策にオススメのグッズもご紹介します!...

赤ちゃんとの温泉におすすめの持ち物

 ここからは赤ちゃんを連れて温泉へ行く際に必要な持ち物、また、持って行った方が良いおすすめの持ち物をご紹介!

必要な持ち物

・おむつ

・おしりふき

・ビニール袋

・着替え

・ガーゼ、タオル

・ミルク&哺乳瓶、飲み物類(麦茶やジュース等)

・ベビー石鹸、シャンプー

・スキンケアセット

生後〇ヶ月、といった赤ちゃんであればもちろんおむつはまだ取れていませんよね。

おむつとおしりふき、そして使用済みのおむつを入れる際のビニール袋は必須です。

また温泉施設にベビー用の石鹸やシャンプーが用意されていない場合もあるので念の為持っていきましょう。

お風呂あがりにミルク、または麦茶やジュースなどの水分補給類も忘れずに持っていきましょう。

スキンケアセットなど普段ご家庭で使っている綿棒や保湿クリームなど必要なセットも忘れずに!

おすすめの持ち物

・羽織り物や大きめのバスタオル

・おやつ

・母子手帳、健康手帳

・おもちゃ

・おしゃぶり

・体温計

温泉に入る前服を脱がした時、温泉からあがって服を着るまでの間、赤ちゃんが冷えてしまわないように羽織や大きめのバスタオルがあれば赤ちゃんの体温を守ることが出来ます。

またお風呂が苦手な赤ちゃんや、初めて訪れる温泉に赤ちゃんが戸惑ってしまわないように念の為お気に入りのおもちゃやおやつ、おしゃぶり等、赤ちゃんの気を引ける物を持ち歩いておくと良いです!

万が一ママや赤ちゃんに何かあった時に早急に対応出来る様、母子手帳や健康手帳は鞄などに入れて持っていきましょう。

その他、赤ちゃんの好きな物や、ママがお風呂に入る際に必要としているものがあれば旅行前にチェックしておきましょう。

温泉に行く数日前から日々のお風呂で何を必要としているか意識しておくと温泉旅行当日、忘れ物をする可能性も防げますし、快適に温泉旅行を楽しむ事が出来ますよ♪

赤ちゃんの温泉デビューは何ヶ月から?入れ方のコツやマナーを紹介まとめ

温泉の知識やマナーを事前に知っておくことで赤ちゃんもママも安心して温泉旅行を楽しむ事が出来ますよね。

初めての赤ちゃんとの温泉デビュー是非楽しんで、そして思いっきり癒された日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんとの旅行で必要なおむつの枚数は何枚?圧縮し持ち運ぶ方法とは赤ちゃんと旅行に行く際に、おむつは何枚持って行けば良いの?と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 持って行きすぎると荷物になる...